Post

        

心が痛い

category - 子育て
2012/ 01/ 19
                 
ちょっと、重いかも
それでも、大丈夫と思われる方、お付き合いください

昨日、帰ったらリビングのフローリングの上で
撃沈していたちびすけ

何度も起こすのがかわいそうだから
家事が落ち着いて、水分補給、食べれれば食事、着替え
まとめてやろうと、かなりの時間寝かせていた

そして、9時頃起こしたら
消え入りそうな声で
「お母さん、今日仕事行くと?」

明日になったと勘違いしたみたいだけど
この
「お母さん、今日仕事行くと?」

この2年ほど、症状が軽かったり
回復に向かいだすと、家に一人寝かせて
仕事に行っていた

だから、
『こんな苦しいけど、お母さんは、
僕を置いて仕事に行くのかな?
さみしいなぁ。心細いなぁ』
って、気持ちから出た言葉のように思えた

ワーキングマザーとなって13年
子供が大きくなるにつれ、抵抗力もつき
こういう思いをすることは、かなり減ってきた

だけど母を、引き取って3年ちょっと
父の認知症が判明して3年近く

検診だけでも、月に2~3回遅刻、早退をする
緊急搬送から入院となれば、
その回数は、もっと増える

そこで、削られるのは、上に書いたよう
子供が病気になっても症状の軽い時や
回復傾向に向かっているとき

それから、参観懇談会、親子レク等の学校行事

長男は、そういうものに行かなくても
平気な年齢になってきたが、
ちびは、まだまだ来てほしいよう

「ごめん。お母さん行けん」と伝えると

「わかった」と言いながら
とても寂しそうな顔をする

その度、心が痛い

昨日のような言葉を聞くと、たまらなくなる


年明け、二度目の重い内容です
お付き合いいただいた方、ありがとうございます
ここに吐くことで、楽になろうとする自分がいます
今後も、こういったことを書くことがあると思います
不快に感じられる場合は、
スルーしていただければと思います

本日、長男も発熱
(おいおい~)
もちろん仕事は、休んでいます
ちびは苦しいながらも、安心しているようです

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント