2015/05/18

Post

        

発作

category - 適応障害・発達障害・不登校
2015/ 05/ 18
                 
暗いです
気分を損なわれそうと思われる方はスルーしてください


1週間更新があいてしまったのは
二男が2年2ヶ月ぶりにてんかん発作を起こし
救急搬送されたからです

二男は痙攣が治まってからも
結構な時間 意識が戻ってきません

同じくてんかん持ちで痙攣が治まると意識が戻る父親は
「救急車は、呼ばんでいい!!」といいますが

私は、意識がもどらないまま5分たったら救急車を呼ぶことに決めています

福岡市での救急車の平均到着時間は6分

10分様子を見ている間に 吐物が喉に詰まったり
他の予期せぬことが起こって そこから救急車を呼んで
手遅れになっては後悔してもしきれませんから
このスタンスは絶対変えないと決めています

痙攣が起こったらストップウォッチを入れ
脈をとりながら 時間にそって症状を観察します
こうしていると救急隊員の方に経過を伝えれるからです


今回は痙攣が治まるや否や嘔吐が始まりました
痙攣が始まって5分くらいです

ちょうど10分経ったくらいで救急車到着
2度目の嘔吐があり
チョコレート色の吐物が出てきました

血液が混ざっていると考えられます
こんなことが起こるから
やっぱり『救急車を呼ぶ』というスタンスは変えられません


救急車に乗せられ搬送中
病院とのやり取りで伝えられる意識レベルはⅢ

病院に着くくらいから少しずつ
意識が戻り始め傾眠状態に
しかし吐き気が止まらず
点滴で吐き気止めを投与

落ち着いてきたので入院病棟に移されましたが発熱

私の頭の中はずっと
薬でコントロール出来ているはずだったのに なんで・・・
喘息もアレルギー性鼻炎もアトピーも持ってる
発達障害もある
二男ばっかり・・・なんで・・・ なんで・・・ なんで?!

心配で・・・
不安で・・・
悲しくて・・・
祈ることしかできません

翌朝 8時くらいから看護師さんの検温や先生の様子伺いが始まり
目を覚まし少しの間
自分がどうして病院にいるのか把握できなった様

一通りのことが終わって看護師さんが朝食を持ってきてくださり
もう誰も来ないかなと様子をうかがいながら
「食べていい?」
「おなかすいたと?」
「うん」
「食べりぃ」

      入院 朝ごはん

そうやって食べてる姿をみて私もやっと一安心です

『発達障害とてんかん』
『発達障害と感覚過敏』
合わせて持っている子が多いと聞きますが
『神様は、どうしてそんな苦労を背負わすの?』
肉体的にも精神的にも 二男が苦しむ度 そんな気分になります
二男は肌の感覚過敏も少しあるようです

吐物に混ざっていた血も緊急性はないだろうと
経過観察ということで 1泊で退院してきて 
ちょっと無理やり 
だって母も長男もいるし 仕事もありますから

翌日から元気に学校に行っています

「元気に学校に行く」
この状態がずっと続きますよう



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


ライフスタ

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント