2017/01/10

Post

        

手放せない年賀状

category - 思考と感情のオーガナイズ
2017/ 01/ 10
                 
今日から3学期ですね
小中学生のお母さん方 ほっとされているのではないでしょうか
我が家は 違う戦いの再開です
無題
さてさて
我が家の年賀状ですが
3年保管です

去年までは。。。

過去3年年賀状

2014年 2015年 2016年の3年分

今年 2017年分が入ってくると
2014年分の住所が登録してあるかを確認して処分

3年保管

2015年 2016年 2017年の3年分
となります


でもね
2011年 2012年 2013年の手放せない年賀状があるんです

砂川年賀状


これは2013年の1月
年賀状を出してすぐ亡くなってしまった
昔務めていた会社の部下の年賀状

そのことを知ったのは 2013年の年末に届いた
ご両親からの喪中はがきでした

営業で数字がついてきましたから
入れ替わりが激しい会社でしたが
寿退社までがんばった子でした
ちょっとクセがあったのですが
それがかわいくて
手をかけている中の一人でした

私もその会社を辞めて数年がたった2010年
無性にその子と話がしたくなって電話をかけたところ
「あのねぇ お腹の中に悪いもんができてんねん
 でもコーチの声聞いたら、元気出た   
 病気治して、九州いくからまっててな」
と。。。
虫の知らせだったのでしょうか
関西支社の子で コーチはその会社の役職の呼称です

それからちょこちょこ電話をするようになりました
2012年の11月頃だったかな
電話に出なくて心配をしたのですが
2013年の年賀状が届いてほっとしました
でもそれが亡くなる少し前に書いたものだったんですね

その年賀状に書いてあったのは
『目指せ 九州!! あきらめずに頑張ってますよ!』

最後の最後まであきらめずに闘っていたんだと思います

毎年 年賀状を作る時期には彼女を思い出さずにはいられません
3年保管の枠にははまらないけれど
この年賀状は
もう少し手元に置いておこうと思います


なんだか育てにくい
自分の子供をそんな風に感じたことがあるお母さん
少しでも心が楽になるように茶話会を開催いたします
            ⇓
『心が楽になる茶話会』 開催のお知らせ
息子は二人とも 完全不登校と境界線不登校の繰り返しでした
凸凹次男は 今も境界線不登校
私も長い間 暗い迷路から抜け出せずにいました
今 まだ迷路から抜け出せない方々が
光を見つけられるよう お手伝いをしたいと考えています


思考と空間の片づけで
心地い暮らしのお手伝い
  From ライフオーガナイザー 武田 悦子

                                


ご訪問ありがとうございます
皆さんの応援が励みになっています
(一日一回有効です)


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキン






スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント