Post

        

ゴールの違いを感じました

category - 適応障害・発達障害・不登校
2017/ 01/ 18
                 
来週24日が入試だというのに
3学期 なかなか登校できない凸凹くん
どうにも長期の休みが入ると
トラウマが増大するようです
今週やっと授業を受けはじめましたが
今日は 給食からの登校でした

ある程度は想定していましたが
この大事な時に限ってこじらせた感があります
入試の緊張感もあるのかもしれません
でも 実はいつも通りなんだけど入試目前で
私が焦ってそう感じているのかもと考えてみたり

しかしながら『焦り』は中学校の先生方も同じのようで
教科の勉強もですが面接に関しても
とても心配してくださいます

前々から面接指導は担任と聞かされていましたので
今までなんとか担任につないでいけるよう
私も凸凹くんに声をかけ
いろんな努力もしてきました
でもね  この記事を書いたときに → 
もう担任に対して
凸凹くんを頑張らせることはやめようと決めました
= 面接指導も受けない

年末の学年主任の先生との電話で
その旨を伝え
出欠や学校での行動の確認は担任へ
それ以外は 学年主任の先生へとなり
ひと安心をしていました
ですが新学期に入ってから 担任がぐいぐい入ってきて
相も変わらず『私が担任だから』や
どう考えても凸凹くんのプラスにならない発想に憤慨しました

その後 時間をおいて冷静になって考えると
見えてきたのはゴールの違いでした

長くなるので 次回へ続きます


まだまだ我が家もこんな状態ではありますが
いろんなことで悩んでいる子供達
そうしてその子のことで悩んでいらっしゃる親御さん達
少しでも心が楽になるように茶話会を開催いたします
            ⇓
『心が楽になる茶話会』 開催のお知らせ
息子は二人とも 完全不登校と境界線不登校の繰り返しでした
凸凹次男は 今も境界線不登校
私も長い間 暗い迷路から抜け出せずにいました
今 まだ迷路から抜け出せない方々が
光を見つけられるよう お手伝いをしたいと考えています


思考と空間の片づけで
心地い暮らしのお手伝い
  From ライフオーガナイザー 武田 悦子

                                


ご訪問ありがとうございます
皆さんの応援が励みになっています
(一日一回有効です)


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキン
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント