2017/07/12

Post

        

『当たり前』ができていることがとっても嬉しくて だるまに目を入れました

category - 適応障害・発達障害・不登校
2017/ 07/ 12
                 
一昨日より山が動き始め
盛り上がっている博多の街です

山笠が好きな人だけね

さてさて
昨年9月八起 聖子さんの
『コーチング体験セッション』を受けました

そこで明確になったこと
私が人生で満足いく状態は
家族が健康で且つ充実した生活をおくり
安定した精神状態でいる中で
自分のやりたい仕事に取り組みたい


キーパーソンはやっぱり凸凹くん 
高校に笑顔で通ってほしい!!

そんな思いでした

八起さんにまとめていただいた体験セッションログでは
・直近の目標、期限 
 2017年6月30日までに 次男の笑顔が一ヶ月に5割見られている
・直感での達成率 50%
・成功のビジュアライゼーション
 家で、ごはんを一緒に食べている
 メニューは 冷しゃぶ
 次男は 学校で学んだことや
 あの人がああだった こうだったとか 
 バレーのことを話している
 長男は、話を一緒に聞いている
 おばあちゃんは もくもくと食べている
 私はキッチン側から 片付けをしながら話を聞いている
 この目標達成したことを次男に報告すると
 「オレ、がんばったもん」と言われる
 それを聞いてうれしい気持ちになっている
 長男に報告すると「よかったね」と言われる
 それを聞いて
「お母さんも がんばったもん」という気持ちになる
 鏡に映った自分は すごく満足気な表情をしている
 これがこのまま続きますようにと思っている

反抗期で 私に直接の笑顔は
そんなに見せてくれないけど。。。

夕食のメニューは置いといて
行きついたところはアニ研とバスケだけど。。。

高校生活が楽しい
ということは見ていて感じる

出席も3分の2をどうにか超えている状態
このライン 単位かかってますからね

最寄りバス停まで送っていたけど
先週 頭から
「かあさん 〇〇バス停まで?」と聞くと
首を横にふり
「一人で大丈夫」と

玄関で「いってらっしゃい」
と見送るのは
2年以上ぶり
この『当たり前』の状態が嬉しくてしかたない


まだ『よかったね』と安心して言われるような状態ではないけど
本当に これがこのまま続きますように

というわけで
八起さんにいただいただるまに
目を入れました 

IMG_0969.jpg

宇野昌磨に似てない?

嬉しくって 
玄関から見えなくなるまで
追っかけ撮影をする母

一人で登校


馬鹿親ですけど 
なにか?



適応障がい・発達障害がい 
不登校児とご家族の
心地い暮らしを目指して
思考と空間の片づけでお手伝い
  From ライフオーガナイザー® 武田 悦子

オリジナルセミナー
 ライフオーガナイズ きほんの 『き』 受付中です

    ⇓
  ☆☆☆ 残3席

各種 オーガナイズサービスも承っております 
     ⇓
  ★★★


適応障害で完全不登校の経験を持つ長男 今は完全復活
発達障がい はざまの子 
現在境界線不登校から復活しつつある凸凹次男の経験をもとに
 ご相談もお受けしております
「少しでも心が楽になる茶話会」不定期開催

受付可能日 土日祝・祭日

7月の受付可能日
7月1日(土) 7月2日(日) 7月8日(土) 7月9日(日)
7月15日(土) 7月16日(日) 7月17日(月)
7月22日(土) 7月23日(日) 7月29日(土) 7月30日(日)


ご訪問ありがとうございます
皆さんの応援が励みになっています
(一日一回有効です)



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキン

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント