発達障がい2次障害を起こさないために

発達障がい2次障害。。。

その言葉を聞いたのは
凸凹くんが発達障がいと診断されてから
1年半程たってから
遡ると2年半ほど前でしょうか
本格的に不登校になって
情報を集めていた頃に参加した講演会でした

2次障害にによって起る
ひきこもり
不登校
ニート
非行
強度行動障害


それは周りからみての結果
そこにたどり着くいたのは
きちんとした理由がありました

そして先日こんなブログを見つけ拝見させていただきました
タマさんの
『反抗性挑戦障害について』
*リンクの許可をいただいております

タマさんは
『2次障害は心の傷なわけで
 自分を守るために繰り出しだ症状だ』

と書かれています

誰にも理解されない苦しみから
非行に走る子たちの背景が
読み取れる内容です

私の発達障がいの知識が少し増えだしたころ
根はとてもやさしいのですが
かなりのこだわりを持っている男性と
一緒に働いたことがありました

こだわりの為に理解されないと
人を殴るまではいかないのですが
周りのモノを殴ったり蹴ったり

若い頃はやんちゃという範囲を超えることを
やっていたようです

私はきっとこの人はこうじゃないかなぁ。。。
と 考えながら接したからか
「俺のことわかってくれるのは武田さんだけやん」
と言われたことがあります

またタマさんは
『受け入れたくないが、2次障害は親の責任だ
 何をどうやっても、その現実は変わらない』

とも書かれています


私も今までに何度となく
早く気づいてあげてほしい
書いてきました

それは
我が家の次男凸凹くんは
発達障がいはざまの子 グレーゾーン

たくさんの
苦しい思い
辛い思い
悲しい思い
そんな思いを させてきたことに気づいたから

一番に気づいてあげれるのは
おかあさんではないでしょうか

脚の悪い人が
杖や車いすを使ったり
義足をつけることで
耳の悪い人が補聴器をつけることで
目の悪い人が メガネをかけることで
負担を減らすことが出来ます


見えない障がいを持つ人も
なにか少しの助けがあれば
心の負担を減らすことが出来ます

大切な子供の負担を減らすために
早く気づいてほしい

それから
認める勇気も持ってください

これは 恥ずかしいと隠している方
高校受験に
大学受験に
就職に 不利になるからと隠している方へむけて
あえて書かせていただきました

タマさんの書かれたように
『2次障害は親の責任』となって
母も子も後悔しないように

たくさん笑って暮らせるように



適応障がい・発達障害がい 
不登校児とご家族の
心地い暮らしを目指して
思考と空間の片づけでお手伝い
  From マスターライフオーガナイザー® 武田 悦子

    
各種 オーガナイズサービス承っております 
        ⇓
       ★★★


適応障害で完全不登校の経験を持つ長男 
今は完全復活
発達障がい はざまの子 
現在境界線不登校から復活しつつある凸凹次男
その経験をもとに
 ご相談もお受けしております
「少しでも心が楽になる茶話会」不定期開催

祝祭日を除く 月曜から土曜まで受け付けております

お申し込みはこちらから
    ⇓
◇講座・サービスのお問い合わせフォーム◇



おしゃれな家づくりの世界最大級プラットフォーム
     Houzzに掲載されています

     ⇩
Houzzに登録中の福岡市博多区, 福岡県, JPの武田悦子



ご訪問ありがとうございます
皆さんの応援が励みになっています
バナーをクリックしていただけるとうれしいです
(一日一回有効です)


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキン

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply